小顔矯正で悩みを解消しよう|フェイスラインを整えることが出来る

サイトメニュー

主な治療方法や注意点とは

看護師

理想の自分になるために

小顔矯正は、エステ等でのマッサージも効果的ですが、最も早く確実な方法として人気なのが、美容クリニックで行う矯正方法です。クリニックにより様々な方法が選べますが、主な方法はボトックスや脂肪溶解の注射と切開手術の2種類ですね。以前は切開手術のみが主流で、小顔矯正となると顔にメスを入れる、という不安感もイメージの1つでした。現在では切らずに手軽に行える方法も導入されており、切らない安心感やダウンタイムが少ないメリットから人気が高まっています。顔の大きさに影響を及ぼすのは、不必要に活性化した細胞や余分な脂肪であることが多いですが、クリニックで注射による薬剤の投与でも、これらに直接アプローチをすることができます。例としてボトックス注射では、ボツリヌス菌の注入により細胞の活性化を抑え、顔の輪郭を小さく整えることができます。また脂肪溶解の注射は、顎やエラの不必要な脂肪を薬剤で溶かし、スマートな輪郭に矯正することができるのです。これらの注射は、1回数千円から1万円前後が相場であり、1回の施術時間は5分から10分程度と短いので手軽なのが特徴です。注射の場合は手軽な分、1回の注射の効果が数か月で薄れていくため、数か月おきに平均5回から6回の施術が必要です。その点、局所麻酔で痛みも少なく、施術後の腫れもほとんどないのですぐにメイクも可能です。一方で切開手術は、顔にメスをいれ、エラや顎の骨を削って直接顔の形を矯正します。大規模な治療になる分、術後は新しい自分となり、大きな変化を遂げることができますが、術後の痛みや腫れは強く出る場合が多いです。術後数日間の入院が必要であり、費用も60万円から100万円以上が相場です。本格的に変わりたい、と希望が強い場合におすすめの方法ですね。美容クリニックでの効果的な小顔矯正の方法として、注射での薬剤投与、切開手術を挙げましたが、それぞれ注意点もあります。注射での治療に関しては、1回の施術は短時間かつ安価ですが、数か月で徐々に効果が薄れ、必要な施術回数には個人差があるため、事前に医師に必要回数と総額を確認しておくと安心です。また、効果の出方によって、その都度薬剤量の調整が必要なため、複数の医師に施術を行ってもらうのではなく、効果や経過を把握した同じ医師に最後まで施術してもらうのがおすすめです。一方切開手術に関しては、注射と異なり費用も高額かつ術後に効果が薄れることはないので、やり直しがききにくい点があります。そのため、手術前の医師とのコミュニケーションが非常に大切です。方法に関わらず、施術前には医師とのカウンセリングがありますが、なりたいイメージにより削る部位や量が異なるため、できるだけ希望を詳細に伝えることが重要です。イラストを用意したり、実在する有名人の写真を持参したりして、医師が具体的にイメージを把握しやすい工夫をしましょう。そして費用に関しても、切開手術の場合は術後の入院や経過観察の来院等が必要のため、その点も含めた総額を確認しておくと術後のトラブルが防げます。小顔矯正は、クリニック選びが非常に重要です。来院予約をする前に電話相談を利用したり、信頼できる医師に出会えるまで、複数のクリニックに来院して契約をしたりする、というのもおすすめですね。カウンセリング時は治療の詳細な説明やリスク、アフターフォローをしっかりと説明してくれる医師が安心です。施術後に理想の美しさを手に入れるため、事前準備や下調べも時間をかけておこなってみてください。